沖縄に就航しているLCC

LCCというのは、いわゆるかくやすこうくうけんで空の旅ができる航空会社全般を指す言葉で、日本ではピーチが関西空港に就航して人気を呼んでいます。関西空港から沖縄への路線は人気路線のひとつでたくさんのびんがとびまわっています。LCCとして挙げられる会社には、このほかJetStarやバニラエア、春秋航空、Skymarkなどがありますが、沖縄に就航している沖縄航空券のLCCはピーチとジェットスター、バニラエアの3社です。

LCCは徹底的なコストカットによって料金を安くあげるようにしています。基本的には飛行機はポイント・ツー・ポイント運航と呼ばれる2点間運航で、たとえば関西空港から飛び立った飛行機は、現地で再び旅客を乗せて帰ってきます。また、預け荷物や機内食を基本的に料金に含めないなど、サービスを簡素化しています。機材も単一のものを使用して整備に手間をかけないようにします。また、関西航空でもなりたくうこうでもそうですが、空港はサブ空港という料金の安い場所を使います。そのため、発着地に行くまでに空港内を歩かされることが多くあります。

LCCは機内も大手の航空会社よりも狭く、高密度の座席になっていくので、その点では窮屈に感じることがあります。成田空港から那覇までは約3時間のフライト時間ですので、狭い場所に押し込められるのが苦手という人にはおすすめできませんが、3時間程度であれば大丈夫という場合には、料金は格安であるため、利用価値は高いといえるでしょう。よく使われるたとえとして、大手航空会社はJRの長距離列車で、LCCは在来線と言われています。在来線並のサービスではあるが、安いというのがとりえというのがLCCです。フライト時間には変わりはありません。

沖縄は日本のリゾート地として有名ですし、ダイビングやカヤックなどのアウトドアスポーツが盛んな地域です。ダイビングが趣味で年に何度も利用するという人にとっては、LCCはありがたい存在です。利用にあたって注意したいのは、LCCは大手航空会社が空港を使わない時間帯に運航していることです。使われにくい時間にフライトすることで空港の使用料を節約するためです。そのため、朝の極端に早い時間や、空港の営業時間の間際に到着する便が存在します。また、東京から那覇に行くにあたっては、都心から利用しやすい羽田空港ではなく、成田空港を利用する点も注意しましょう。首都圏に住んでいる人にとっては成田はやや遠いですがとはいっても、空港までの交通費や時間などを考慮しても余りあるほどに安いのがLCCの魅力です。

東京から沖縄にLCCを使って行く

東京では国内線は主に羽田空港を利用します。大手のANAなど国内便のほとんどは羽田空港からフライト便を飛ばしていますが、LCCの場合には羽田からではなく、すべての発着が成田空港からですね。成田空港は日本のげんかんぐちとなる国際線の空港というイメージですが、HANEDAAIRPORTも国際化しているため、発着を確保するための競争が激化しています。逆に成田空港はアクセスが悪いため、利用する旅客の数が伸び悩んでいるという面があります。そのため、LCCの発着便に門戸を開いています。LCCはコストカットが至上命題ですので、こういう事情のある成田空港を利用するようになったという経緯があります。

成田から那覇空港への路線のあるLCCは、JetStarとvanillaairです。ジェットスターはやり手の企業として知られており、同じLCCのなかでもクオリティーが高いことで信頼性の高い会社です。りょこうだいりてんとの提携によってツアーを計画したり、コールセンターを設置したりするなどサービスの充実に努めています。実際の料金ではバニラエアが多少有利かもしれません。成田・那覇間の片道料金でみると、JetStarの最安値が6200円程度ですが、バニラエアの最安値は6000円を切ることがあります。ただ、さいていかかくほしょうという制度があって、同時期に他社の運賃の方が安かった場合、それを確認した上で他社運賃を10%引き下げた価格で自社便を運航させるという販売方法を採っているため、ジェットスターに連絡して安く販売されているサイトなどを担当者に伝えると安く利用できることがあります。

大手のLCCの那覇便を比較すると、発着空港が羽田と成田という違いはありますが、7日後の片道便でJAL・ANAともに3万円を若干切る程度であるのに対して、ジェットスターやバニラエアは1万2000円前後で、半額以下と考えておけば間違いないでしょう。航空券は出発日から離れているほど安くなる傾向です。

たとえば60日後の便である場合、JAL・ANAが1万2000円程度ですが、JetStarは8500円程度、とりけしりょうきんが半額程度で販売されることもあります。また、不定期ですが、だいたいのLCCはセールを実施します。このときには、通常よりもおおはばに料金が安くなります。

関西から沖縄にLCCを使って行く

関西空港は日本最初のLCCであるピーチが就航していることで有名です。明るい彩色の目立つピーチの機体は有名で、関西地区ではお馴染みでしょう。関西空港に就航したピーチは高い業績を上げており、関西から札幌、福岡、鹿児島などの路線を次々に開拓しており、なかでも那覇便は人気路線です。

LCCにとってはコストカットが重要課題です。関西空港はかなり早い段階からピーチ側の要求を受け入れており、LCCせんようの窓口を設置するなど協力的です。専用ターミナルがあることで使用料金も安くなりますし、着陸料が割引されるのがコストカットにも役立ちます。関西空港は市場規模が非常に大きく、関西圏はアジアの他国と同等かそれ以上といわれることもあるので、空港は24時間営業です。いつでも使える滑走路を2本持っています。それだけに発着には余裕があるので、枠が空いていればそこで次々にLCC便を飛ばすことができます。関西空港とLCCは非常に相性が良いのです。

カンサイのクウコウからとんでいるLCCはピーチとジェットスターです。那覇便の片道料金でみると、ピーチもジェットスターも最安値は5000円を多少切る程度です。ほぼ同じような金額であるため、利用する時間や好みで選んで問題ないでしょう。関西空港は第2たーみなるがLCCターミナルとなっており、ピーチのフライトはここから発着しますが、ジェットスターはANAやJALなど大手の航空会社と同じ第1ターミナルから乗ることができます。関西空港は非常に大きな空港で、第1たーみなるとだいに2たーみなるの間は約4キロあります。徒歩での移動はほぼ不可能と言っていいでしょう。無料の連絡バスでおよそ7分から9分程度の時間がかかります。第1ターミナルは空港駅からすぐの場所にあるため、この点ではジェットスターの方が利用しやすいかもしれません。

大手の航空会社との価格差は歴然で、たとえば7日後の片道料金はおおてだと4万円前後であるのに対し、ピーチやジェットスターは9000円前後です。60日後のフライト便の料金はJAL・ANAは1万円を多少超える程度ですが、ピーチは6700円程度、ジェットスターが6500円程度です。この程度の差額であると、荷物の制限や座席指定、シートの余裕などを考慮すると大手の方が利用しやすく、お得といえるかもしれません。ピーチは関西空港でのフライトには非常に力を入れており、頻繁に料金を下げるキャンペーンを実施しています。旅行の予定日やサービス面なども考慮してえらんでみましょう

中部国際空港からLCCを使って那覇に行く

LCCは、価格の安さだけでなく利用してみると意外に快適であるという評判が高まっており、順調に実績を上げています。機内食が有料であったり手荷物に制限はあったりというそれなりの不便はありますが、乗務員の教育もしっかりしており、機体も綺麗にしてあるので旅をするのに、さほどの不快感がないというのが大きな理由です。早朝の発着が多いことや、搭乗口が空港のはずれにあるなどのデメリットがありますが、それでも旅客は増加の一途をたどっています。2016年には中部国際空港セントレアにLCCが就航することになりました。東海地区の人にも人気のある那覇路線です。

中部国際空港セントレアから那覇に就航しているLCCはJetStarです。ジェットスターはLCCの優等生と呼ばれるほど経営が巧みであることで知られています。LCCは安いだけでサービスは悪いだろうという予想を覆すに充分なサービスを展開しています。通常のLCCはネット予約だけでコールセンターなどは設置していませんし、チェックインも自力で行いますが、ジェットスターでは大手並みにコールセンターがあり、チェックインのサービスも大手と同様のものを提供しています。開業して7年で社員が20倍に増えたというほど成長している会社です。2007年には世界最優秀LCCに選ばれています。中部国際空港から那覇への路線は当面1往復のみとなっていますが、今後、東海・名古屋地区のマーケティングに積極的に取り組むという方針を明らかにしており、今後は運航が増えていくことが予想されています。

中部国際空港セントレアから那覇便は、最安値で6000円を少し超える程度、最高値で3万円程度となっています。毎日1便しか飛ばしていませんので、チケットは競争になります。運航を開始したときに大規模セールを実施して話題になりました。最安値で3990円という攻撃的な価格設定がされており、争奪戦になったことが報道されています。

JetStarは今後もこの路線には力を入れる方針ですので、様々にキャンペーンを打ち出すことが予想されています。他の航空会社と料金を比較すると、7日後のフライトでJetStarが1万5000円程度であるのに対し、JAL・ANAは4万5000円を超えるレベルですので、大きな価格差があります。60日後料金ではJetStarが9000円前後、JAL・ANAが1万2000円程度で、差は縮まります。ジェットスターの中部国際空港セントレアから那覇便は午前発で利用しやすい面もあり、かなり有利になるのですね。

福岡から那覇までLCCで飛ぶ

福岡空港は国際的な九州の玄関口として機能しており、ターミナル空港として海外路線や国内路線を数多く持っており、2016年には発着回数が多すぎるとして航空法によって「こんざつくうこう」に指定されています。発着するLCCは香港エクスプレスやフジドリームエアラインズなど多岐にわたりますが、那覇路線を持っているのはピーチです。しゅうこうをはじめたは2015年と比較的遅かったですが、人気路線となり2016年9月から2便に増やしています。午前と午後に1便ずつフライトがあり、時間帯も利用しやすく利便性は高いといえるでしょう。基本的に午前10時30分発・那覇着が12時15分、午後8時15分発・那覇着が午後10時となっており、観光やビジネスで利用するのに良い時間です。

福岡空港からのピーチ便は、第1たーみなるを利用します。これはANAやJALなどの大手航空会社と同じターミナルで、移動時間もそれほどかかりません。多くの空港でLCCのターミナルが空港内の遠い場所にあるので、これはありがたいと言えるでしょう。那覇空港のLCCたーみなるは遠いです。もともとは物流倉庫だった場所を改良して整備をしたうえで使っているため、殺風景です。空港独特の華やかなムードではなく、あっさりとした感じの場所になります。こぢんまりとした土産物店があるだけですが、そういったことを気にしなければ問題はありません。旅をしているという実感は得にくいかもしれません。

ピーチを利用して福岡空港から那覇空港へフライトした場合の利用料金は、最安値で4000円を少し超える程度、最高値で2万円程度となっています。セールやキャンペーンでは最安値をさらに割り引くため、他社では考えられない価格で那覇まで行くことができます。他社と比較しても価格差は大きく、たとえば7日後の料金では、ANAやJALが3万3000円程度であるのに対し、ピーチでは9000円程度です。かなりの差があることが分かります。大手の3分の1以下というのは数多くあるLCCと大手の料金比較でもかなり開きのある部類です。60日後の料金で比較すると、JAL・ANAが1万1000円程度であるのに対して、ピーチは5500円程度で、ここでも2倍の開きがあります。ピーチは格安航空会社として有名ですが、コストカットに努力した結果であり、機体は綺麗ですしフライトは快適です。座席もレザー製で清潔ですし、有料とはいえ機内食もじゅうじつしています。福岡から那覇はかなりの近距離で、ピーチ便でも2時間を切る程度ですから、機内食を食べるほどでもないでしょう。